シトラスムース(サプリ)と他の汗対策製品との違いとは?

体の内側から汗を抑える

汗の悩みは制汗スプレーやシートなどでは完全に取り去ることができません。

汗は体の内側から出てくるものなので、根本的な解決を目指すなら体の内面から変えていくことが大事です。

でも、飲み薬っていろいろありますよね?

当サイトでも紹介しているサプリや漢方、そして医薬品などなど。

正直どれが自分に合っているかわからないと思います。

そこで当サイトではそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

シトラウムースを購入しようか悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

各製品のメリット・デメリット

医薬品

汗対策の医薬品として有名なのはプロバンサイン

特に全身性多汗症による汗を抑える事が可能な医薬品として知られています。

効果も早く、だいたい1時間〜1時間半ほどで効き始めます。

ただ、副作用として喉の渇きやめまい、顔の火照り、眠気などがあります。
また、入手するためには処方せんが必要となり一度病院へ行く必要があります。

まとめ

メリット

  • 効き目が強い
  • 即効性がある
  • 費用が安価

デメリット

  • 持続性がない
  • 処方せんが必要
  • 副作用がある

漢方薬

一人一人に合わせて組み合わせてくれる漢方薬。

飲むことで、体質に働きかけ汗を抑える効果が期待できます。

市販品で購入することも、処方してもらうこともできます。
(処方を受ければ保険がきき、約1割(場合によって3割)負担になります)

安全性が高いとされますが、体質に合わない漢方薬を服用すると、食欲不振、不眠症、口の乾き、めまいといった副作用が起こることがあります。

まとめ

メリット

  • 体質を改善してくれる
  • 安全性は高い
  • 根本的な改善が期待できる

デメリット

  • 体質によって効果がない可能性がある
  • 即効性はない
  • 費用がかさむ恐れがある

サプリメント

自然由来の成分で、噴き出す汗をこまめにだすよう分散させたり、体の熱を取るカリウムなどで発汗を予防します。

利尿作用もあり、体内の水分調整の役割も果たしてくれます。

漢方同様、体質を変えていくことで汗をかきにくい体を作ってくれます。

副作用や依存性はありませんが、自然由来の成分という性質上、効果を感じるまで時間が掛かります。

じっくり安全に取り組みたい人にはおすすめの製品です。

まとめ

メリット

  • 体質を改善してくれる
  • 匂いケア成分も入っている
  • 根本的な改善が期待できる

デメリット

  • 体質によって効果がない可能性がある
  • 即効性はない
  • 費用がかさむ恐れがある

最後に

体質によっては効果がない場合もある、漢方やサプリ。

でも病院にいって、診察を受けて処方される薬と比べると副作用の怖さや、手間は緩和できますよね?

なので病院へ行くのは、サプリで効果があるのか試してみてからでも遅くはないと思います。

是非一度シトラスムースを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です